庇部分の爆裂

庇の先端部の爆裂(鉄筋の錆びによるモルタル剥離)が発生しています。
階下を通行する人に落下による災害の発生が考えられ、危険な状態です。
鉄筋の錆びは内部に浸入した水分の影響で発生します。
外壁用ウレタン塗膜防水

爆裂、亀裂等の処理を行い、全面に下地調整材を塗布し、ウレタン防水用のプライマーを規定量塗布する。
その後外壁用ウレタン防水材を数回に分け規定量塗布する。
ウレタン塗膜防水

庇の部分もウレタン塗膜防水材でしっかり巻き込むように防水していきます。
これにより剥落の防止ができ、防水材で覆うことでモルタル部分への雨水の浸入を防止し、爆裂の発生を防ぐことができます。
最後にトップコート(表面保護材)塗布

仕上げに屋上と同様にトップコートを塗布します。ウレタン塗膜の強靭な塗膜が建物をガッチリ保護し、防水、剥落等の被害から保護していくことができます。
建物の安心と、周辺住民への安心を提供することができます。

外壁防水

屋根や屋上と同様に外壁もあなたの家を守る大切な部分です。
タイルやモルタル仕上げ等の外壁は劣化することで剥落などの災害を発生させることが考え
られます。建物の安全を守ることは自分の生活を守るだけではなく、第三者の安全も守るこ
とになります。



外壁の改修について



                            ウレタン防水材による壁防水





これで剥落の防止もできます。
                              完成

                           
小学校の体育館ですが、地震などの災害時には避難場所にもなることがあります。
外壁が剥落しては大変です。ウレタン外壁防水材で剥落の防止も兼ねて防水美装工事が可能になりました。
スレート屋根もウレタン防水で破損防止、防水効果を期待できます。



ここでポイント
外壁の防水も建物によっては重要な点になってきます。
防水と、剥落防止等周辺の安全のためにも日ごろの点検が大切です。



直前のページへ
トップへ
戻る